017公民「請願権」について

請願権とは、
日本国民、外国人、未成年も国または、地方公共団体の公的機関に対して
国務に関するお願いをする権利のことです。
この国務ですが、特に限定されているわけではありません。
『国・地方公共団体の職務権限に属すること』だったら、なんでも要望が出せます。
では、請願権の行使のしかたですが、
文書によることが基本です。(請願法2条)
そして、国会の各議院や地方議会への請願については、
議員の紹介によることが決められています。(国会法79条、地方自治法124条)
請願権を受けた機関は
『受け取る義務』や『誠実に処理する義務(請願法5条)』があります。
しかしながら、請願の内容を『審理・判定する法的義務』はありません。
もちろん内容に拘束されることもないのです。
請願権をまとめると…
希望を表明するにすぎませんが、行政・立法側が好意的に対応する場合もありますので、
『請願権』は、所詮、無意味だと思わず、請願権の行使をたまにはしてみるのもいいですね。
いままでに、どのような請願権の行使があったかというと
町立小学校の統合に反対した地元住民たちが請願権を行使しました。それを受けた町役場は、
職員を反対運動をしている人たちを説得しに各ご家庭を回って、反対運動をしないよう
説得してまわったのです。これは、違法であるとされ、この町長は、『請願権の侵害』をしたと高裁が認めたのです。

広告

shimtake3 について

 中学の社会を教え始めました。  少し、今までやってきたことをまとめてみようか思っています。  練習問題をアップ、要点をまとめたものをアップしていきます。  たまに、私のエッセイもアップします。  私は、、、自然と本と映画をこよなく愛する一小市民です。 合言葉 : 地球のどこかであいましょう。 夢 : 南極でペンギンと一緒に隕石拾いをすること。 現実 : 中学校の先生です。しかも、『社会』です。 平成25年(2013)04月07日 更新
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中