012公民「自由権」について

個人がその意思どおりに行動できる状態を国家権力により侵されない権利のこと。

基本的人権の最も重要な一つ。

大きく次の3つに分けられています。

①身体の自由
国民はいかなる奴隷的拘束や苦役を受けない(憲法第18条)。

法律の定める手続きによらなければ生命と自由を奪われない(憲法第31条)。

人権を侵さない範囲で逮捕・抑留・拘禁・供述されない(憲法第33条~35条)。

拷問や残虐な刑罰は禁止(憲法第36条~39条)。

②精神の自由
思想や良心の自由は侵すことができない(憲法第19条)。

信教の自由(憲法第20条)。

集会・結社(憲法第21条)。

学問の自由(憲法第23条)。

③経済活動の自由
居住・移転・職業選択の自由(憲法第22条)。

国民は私有財産を保障し、国家はそれを侵してはならない。

憲法第29条:財産権の不可侵

shimtake3 について

 中学の社会を教え始めました。  少し、今までやってきたことをまとめてみようか思っています。  練習問題をアップ、要点をまとめたものをアップしていきます。  たまに、私のエッセイもアップします。  私は、、、自然と本と映画をこよなく愛する一小市民です。 合言葉 : 地球のどこかであいましょう。 夢 : 南極でペンギンと一緒に隕石拾いをすること。 現実 : 中学校の先生です。しかも、『社会』です。 平成25年(2013)04月07日 更新
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中