節分

そういえば、すぎちゃいました。

ちょっと油断していたら、忙しくて。

入り大豆を『鬼は外 福は内…』といいながら巻いていた…

わたしは、家がよごれるから、ネズミが入るからやめて!

と怒られたものです。

現実的ですね。

柊鰯(ひいらぎいわし)ってしってますか。

そうそう、門口に飾るやつです。

柊(ひいらぎ)の小枝、鰯(いわし)は焼いた塩鰯の頭を飾ります。

まだ、日本でそういう風習が残っているところがあるのでしょうか。

あったら、みてみたいなぁ。

柊(ひいらぎ)の葉っぱってトゲトゲでしょう。

それが、鬼の目を刺すから、門口に飾れば、鬼がこないんですって。

塩鰯(いわし)の頭を焼いたら、煙とにおいが嫌で鬼が来ない…

ところで節分は季節の変わり目です。

その季節が変わる前に鬼を追い払おう!

それが、節分なのです。

鬼=邪気=陰(おん)=隠(おぬ)

この世のものとは思えないもの、見えないもの

というわけで、

災害や疾病の仕業は鬼の仕事と考えられていた昔。

それじゃぁと鬼退治をしようじゃないか。

豆をまこう!ってことになったのです。

その昔、鞍馬山の鬼が都を荒らしたのに閉口した人たちは

そうだ豆をまこう!

しかも炒った豆だ!

炒った豆→射った豆→ 豆で鬼の目を射ぬこう!

という気持ちが込められていたようです。

まいた豆から芽がでたら、縁起が悪いので炒るという説もあります。

ま、とにかく、一年の無病息災を祈る節分にふさわしい故事ですね。

じゃ、だれが豆をまくの?ってことになりますね。

本当は家の長、課長、いえいえ違います。家長。もう言わなくなっちゃいました。

だいたい、お父さんですね。家の代表者や年男や年女が

豆まきするのが一般的でした。

いまは、だれかれとわず、まいていますが。

え、やっていない。

わたしも忘れちゃいました。

そして、

この節分の日は、旧暦の大晦日。

年が明ければ1歳年をとりますね。

だから、豆まきが終わったら…

(自分の年+1つ)の数だけ炒り豆を食べましょう。

豆を食べれば、

丈夫になって、風邪をひかないって言われています。

医学てきには知りませんが

『豆に働けるように、たんとお食べ!』

とよくおばあちゃんが言っていたのを思い出します。

恵方巻きは、お寿司ですが…

風習というより…なんとなく、商売の色がつよいですが。

やっぱり、関西ですから。

商いには飽きない…

おあとがよろしいようで。

広告

shimtake3 について

 中学の社会を教え始めました。  少し、今までやってきたことをまとめてみようか思っています。  練習問題をアップ、要点をまとめたものをアップしていきます。  たまに、私のエッセイもアップします。  私は、、、自然と本と映画をこよなく愛する一小市民です。 合言葉 : 地球のどこかであいましょう。 夢 : 南極でペンギンと一緒に隕石拾いをすること。 現実 : 中学校の先生です。しかも、『社会』です。 平成25年(2013)04月07日 更新
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中