質問:教科書にでてくる『ボルテール』ってどんな人でしょうか。

ボルテール(1694~1778)

フランスの思想家。啓蒙主義者。(本名フランソア・マリ・アルエ)

豊かな公証人の子としてパリで生まれました。

法律学を学び、のち文学に熱中しました。

青年時代は、摂政オルレアン公を風刺したためバスチーユ監獄に入れられています。

イギリスに渡り、その民主主義的な制度や文化に感心し、

帰国して、1734年「イギリス便り」を発表し、

フランスの社会を鋭く非難しました。(王政でした)

このため、フランスを追われプロシアのフリードリヒ2世(大王)に招かれ、

ポツダム宮殿で王の文学上の師となりました。

その後方々を巡り、1759年に代表作「カンディド」を発表、

1761年フェルネに住んで土地開発、社会改良につとめるとともに、

多くの評論、小説などによって貴族と教会を攻撃し、

合理主義と科学を進め、ディドロらの百科全書派の運動を支持しました。

その思想はフランス革命に大きく役立ちました。

彼の有名な言葉を書いてみます。

「私は君の意見には反対だが、君がそう発言する権利については私は命をかけても守る」

彼の著書はたえず検閲にねらわれていました。

しかし、著書が焼き払われるという判決が下ったとき、

ボルテールは「私の本は栗と同じだ。よく焼くほどよく売れる。」

といったと伝えられています。

男がどんなに理由を並べても、女の一滴の涙にはかなわない」

自尊心とは空気でふくらませた風船である。

ちょっと突いても炸裂して風になってしまう。

その年齢の知恵を持たない者は、その年齢のすべての困苦を持つ。

広告

shimtake3 について

 中学の社会を教え始めました。  少し、今までやってきたことをまとめてみようか思っています。  練習問題をアップ、要点をまとめたものをアップしていきます。  たまに、私のエッセイもアップします。  私は、、、自然と本と映画をこよなく愛する一小市民です。 合言葉 : 地球のどこかであいましょう。 夢 : 南極でペンギンと一緒に隕石拾いをすること。 現実 : 中学校の先生です。しかも、『社会』です。 平成25年(2013)04月07日 更新
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中