質問:お葬式がお寺で行われる前はどうしていたのでしょうか。(江戸時代以前)

実は、これといって、とくに決まってはいなかったようです。

ただ、火葬については、日本で一番最初に葬られたのは西暦700年の道昭(天台宗)です。

そひて、持統天皇もその2年後に火葬されました。

平安時代になると、特権階級に限って火葬が普及しました。

全国的にみると、1960年で63%、1970年で70%、1980年で91%の火葬の普及率でした。

鎌倉時代では、民衆の間で葬儀の習慣が無かったそうです。

しかも、鎌倉幕府から

「親の死体を道端に捨ててはいけない」

なんておふれ書きがでたり…。

結構、ずさんでしたね。死んだっていっても、虫けら同然だったかも。

そして、江戸時代。

もう、わかりますね。

キリシタン弾圧の為の寺檀家制度ができたんです。

宗門改帳ができたのが1671年から。

そして、毎年、幕府が信仰調査を行ってキリシタン発見に努めたのです。

結局、お寺は檀家制度をつくり、収入源にもなったのです。

もちろん、信徒を集め、その布教にも努めたとは思いますが。

というわけで、このキリシタン弾圧が、お寺の繁栄を助け、

現在の戸籍のような役割をする宗門改帳が出来上がったのです。

葬儀が仏教化したんだって。。。

余談ですが…明治6年に火葬禁止令が出され、その2年後、解除されてます。

なんで、火葬が禁止になったのでしょうかね。

調べてみてくださいね。

広告

shimtake3 について

 中学の社会を教え始めました。  少し、今までやってきたことをまとめてみようか思っています。  練習問題をアップ、要点をまとめたものをアップしていきます。  たまに、私のエッセイもアップします。  私は、、、自然と本と映画をこよなく愛する一小市民です。 合言葉 : 地球のどこかであいましょう。 夢 : 南極でペンギンと一緒に隕石拾いをすること。 現実 : 中学校の先生です。しかも、『社会』です。 平成25年(2013)04月07日 更新
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中