捨てるうどんで電気作りに挑戦 (香川・高松)

高松市の産業機械メーカー「ちよだ製作所」が捨てるうどんで発電を始めます。

どうやって、発電するかって?

うどんを発酵させて作ったメタンガスを燃料にするんです。

今月、12月末から四国電力に売電を始めます。

  製造過程で出るめんの切れ端や落下した廃棄うどんを原料にバイオエタノールの生産をすでに進めています。しかし、

生産後も残りかすが出ることから、残りかすを37度で保温してメタンガスを発生させる発酵槽と、ガスを燃やしてタービンを回す発電機などを

備えたプラントを今春に新設しました。1日3トンの麺を処理して年間最大18万キロワット時を発電し、年間約700万円の売電収入を見込

んでいます。12月19日に売電用のメーターを取り付ける予定です。

  ちなみに、香川県内では、年1千トン規模の廃棄麺がでます。回収した割りばしから再生紙をつくる「NPOグリーンコンシューマー高松」

(高松市)や製麺会社「さぬき麺業」(同)などがメンバーで、うどんから作った燃料でうどんをゆでるため

「うどんまるごと循環プロジェクト」と名付けているそうです。

詳しくは、こちらをご覧ください。↓

http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1312/10/news021.html

 

広告

shimtake3 について

 中学の社会を教え始めました。  少し、今までやってきたことをまとめてみようか思っています。  練習問題をアップ、要点をまとめたものをアップしていきます。  たまに、私のエッセイもアップします。  私は、、、自然と本と映画をこよなく愛する一小市民です。 合言葉 : 地球のどこかであいましょう。 夢 : 南極でペンギンと一緒に隕石拾いをすること。 現実 : 中学校の先生です。しかも、『社会』です。 平成25年(2013)04月07日 更新
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中