第002回 時代や年代のあらわし方

 今日は、陽斗(はると)くんと奈々(なな)さんが時代や年代のあらわし方について話し合ってます。
どんなことが話し合われているのでしょうか。耳をすまして、ちょっと聞いてみましょう。
陽斗:歴史ってさ、江戸時代とか明治時代とかあるけど、どうやってあらわしてるの?
奈々:いろんなのがあるんだけど。じゃ、まず、『西暦年』について説明するわ。
陽斗:なに、それ。今年は、2013年とかっていうやつ?
奈々:そう、それなんだけど、これはヨーロッパで作られたものなの。
   あのイエス・キリストが生まれたっていう年を『紀元1年』ってするの。
陽斗:へえ、でも、1年のことを元年っていうじゃない?
奈々:そう、よく知ってるじゃない。
   大切なのは、歴史は1から始まって、0で終わること。
陽斗:なんで、大切なの?
奈々:あのね、みんな数学と勘違いしちゃうのよ。そうだ、0から始まるって。
   でも、歴史は0で終わるの。
陽斗:そっか。でも、キリストが生まれる前はなんていうの?
   マイナス紀元0年から始まるの?
奈々:ちがうわ。キリストが生まれた年を境にして、生まれる前を『紀元前』、
   生まれた後を『紀元後』っていうの。でも、『紀元後』は、もうわかってるから、
   省略することが多いわ。そして、『紀元前』を『B.C.』、『紀元後』を『A.D.』っ
   て表記するのよ。いつもじゃないけどね。
陽斗:そうなんだ !!
奈々:でもね、最近わかったことなんだけど、キリストが生まれたの紀元元年じゃないら
   しいの。
陽斗:えっ!じゃ、いつ生まれたの?
奈々:それがねぇ、紀元前4世紀ぐらいだって、いま、いわれてるのよ。
   だから、教科書の年表にキリストが生まれた年を紀元前4世紀って書いてあること
   があるのよ。
陽斗:気づかなかったー!っていうより、だいたい、年表みてないしー。
   奈々は、いろいろ細かいところまで読んでるんだねー。
奈々:それから、西暦年を100年単位にして年代を区切るのが『世紀』。
陽斗:んー!じゃ、紀元元年から100年が1世紀ってこと?
奈々:その通り。陽斗くん、けっこう、するどいのね。
陽斗:じゃあ、101年から200年までを2世紀っていうんだね。
奈々:その通りよ。じゃあ、2000年は何世紀かしら。
陽斗:えーと、う、よくわかんないけど、、、20世紀かな。
奈々:そうよ、さっきいったでしょ。歴史は0で終わるって。
陽斗:そうだったね。
奈々:それでねぇ、いままでは、ヨーロッパつまり、西洋のあらわし方だったでしょ。
陽斗:うん。
奈々:今度は、日本のあらわし方を説明するわ。
陽斗:あー、なんか、面倒なことになりそー。
奈々:そんなこといわないで、聞いときなさい。一回しかいわないわよ。
陽斗:なんか、先生がいるみたいだよ。
奈々:『年号』って考え方があるんだけど。
陽斗:あっ、知ってる、今は、『平成』でしょ。天皇が死んだら変わるやつ。
奈々:それを言うなら、天皇が崩御されたっていうの。でも、半分正解よ。
   このあらわし方は、中国にならっているの。7世紀に『大化』っていう年号を
   使い始めたのが日本では最初っていわれてるわ。
陽斗:へぇ、そうなんだ。
奈々:でも、その天皇一代に年号をひとつにしたのは、ごく最近のことなのよ。
陽斗:いつごろからなの?
奈々:明治時代のことなの。
陽斗:知らなかったー!!
奈々:ほかにも、『応仁』、『慶長』、『大正』、『昭和』 ・・・ 書いてたら、きりがないわ。
陽斗:そうだよね。ぼくらも、もう、2ページも話しちゃってる。まずいんじゃない?
奈々:どうして?
陽斗:仲がいいから、もしかして、できてるんじゃない、なんて、読んでる人が
   思っちゃうかも、、、。
奈々:なに、考えてんのよ。いまは、歴史や年代のあらわし方について話してるんでしょ。
   どっか、遊びに行こうかとか、友達のうわさ話とかしてないじゃない。
陽斗:そうだね。で、まだ、なんかあるの?
奈々:それが、あるのよ。歴史の流れを大きく区切るときに使うのが
   『時代区分』っていうの。いろんなわけ方があるけど、中学生では、
   次の2つぐらい知ってたらいいんじゃない?
陽斗:どんな分け方があるの?
奈々:えっとね、まずは、社会のしくみの特徴でわける方法。
陽斗:うーんと、原始、古代、中世、近世、近代、現代ってやつかな。
奈々:それよ。それと、もうひとつ、政治の中心地によって分ける方法。
陽斗:それは、飛鳥時代、奈良時代、鎌倉時代、それに、江戸時代!!
奈々:すごいわね。そこまで、できたら、定期テストで100点とれるんじゃない?
陽斗:そっかな。それ、おせじ?
奈々:べつに、そういうわけじゃないけど。
陽斗:ところで、もうないの?
奈々:あるけど、もう、2ページもしゃべってるから、また、今度にするわ。
陽斗:そう、じゃあさ、お茶でもしよーか。
奈々:それこそ、できてるって思われちゃうよ。
陽斗:そっか。でも、のど渇いたし、いいじゃん。
奈々:そうね。じゃ、今日のところは、これで、おしまい。
陽斗:次回の予告とかしないの?
奈々:でも、これ読む人少ないんじゃない?
陽斗:いいじゃん、そのうち、増えるかも知れないし。
奈々:じゃあ、次はね、『歴史の調べ学習のし方について』を勉強するわ。
陽斗:適当でいいじゃん、行き当たりばったりで。調べてるうちに変わってくるし。
奈々:だめよ。一応、順番や考える筋道があるんだから。それを次回、説明するわね。

広告

shimtake3 について

 中学の社会を教え始めました。  少し、今までやってきたことをまとめてみようか思っています。  練習問題をアップ、要点をまとめたものをアップしていきます。  たまに、私のエッセイもアップします。  私は、、、自然と本と映画をこよなく愛する一小市民です。 合言葉 : 地球のどこかであいましょう。 夢 : 南極でペンギンと一緒に隕石拾いをすること。 現実 : 中学校の先生です。しかも、『社会』です。 平成25年(2013)04月07日 更新
カテゴリー: 中学 社会 学習 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中