第001回 歴史のとらえ方

今日から歴史について会話をしてくれる2人を紹介します。陽斗(はると)くんと奈々(なな)さんです。

二人は、『歴史』について勉強しています。二人は中学生。そして、彼らの抱(いだ)く疑問(ぎもん)を通じて、ぜひ『歴史』を面白く、幅広く、身につけてください。それでは、はじまりー。

陽斗: いきなりで悪いんだけど、なんでさ、歴史って勉強するの。過去のことじゃん。

奈々: え、知らないの、そんなことも。中学生なのに。なに、学校で勉強してるの?

陽斗: だって、過去のことばかりいう人って、面白くないじゃん。まだ、過去にこだわってるよって、よく、馬鹿にされるじゃん。

奈々: それとこれとは別よ。

陽斗: おじいちゃんの昔の自慢話なんて聞いても面白くないよ。何回も同じこと繰り返されて覚えちゃったし。

奈々: それ、失礼でしょ。

陽斗: で、そんな歴史がどうして、重要なのさ。

奈々: あのね、歴史を勉強するって言うのは、昔の出来事を暗記することじゃないの。

陽斗: じゃあ、何さ?

奈々: 過去の人々が築いて、受け継いだ伝統や文化を学んで、未来の人々に伝えるのよ。

陽斗: そうなんだ !!

奈々: それに、歴史を学んで、これからの生き方を考えていくのよ。

陽斗: じゃ、たとえば、『どう生きていったらよいのか』とか、『日本や世界はどう進むべきか』 とか?

奈々: その通り!わかってきたのねー。

陽斗: 大切なのは、歴史の大きな流れを覚えたらいいんだね。

奈々: そうよ。それを『歴史を大観する』っていうのよ。

陽斗: そっかー、『大観』を『体感』できたらいいよねー!

奈々: なに、ダジャレいってるのよ。

陽斗: 今日のところは、これで、おしまい。

奈々: チャン・チャン。

広告

shimtake3 について

 中学の社会を教え始めました。  少し、今までやってきたことをまとめてみようか思っています。  練習問題をアップ、要点をまとめたものをアップしていきます。  たまに、私のエッセイもアップします。  私は、、、自然と本と映画をこよなく愛する一小市民です。 合言葉 : 地球のどこかであいましょう。 夢 : 南極でペンギンと一緒に隕石拾いをすること。 現実 : 中学校の先生です。しかも、『社会』です。 平成25年(2013)04月07日 更新
カテゴリー: 中学 社会 学習 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中