尖閣めぐり、鳩山氏が迷言 ?

尖閣諸島をめぐり、鳩山元首相が、

「日本が盗んだと思われても仕方がない」

と迷言しました。

中国びいきの鳩山氏に、東京・永田町からも、驚きと怒りの声が上がっています。

~ 詳細 ~

6月26日から中国を訪問する予定の鳩山元首相が、香港のフェニックステレビの取材で、沖縄県の尖閣諸島について、

「中国側から見れば、盗んだというふうに思われても仕方がない。だから、それは返すべきだと。

 カイロ宣言の中に尖閣が入るだろうということは、そういう解釈は、十分に、わたしは中国側から見れば、

 当然成り立つ話だ」

 と話しました。
ちなみに、カイロ宣言とは、終戦の2年前の1943年に、当時のアメリカ・中国・イギリスの首脳によって出された声明です。、

「日本が奪った領土を中華民国へ返還する」

 とした基本方針が出されたのです。
 日本政府は、このカイロ宣言について、「

 「日本の領土処理について、最終的な法的効果を持ち得るものではない」としています。

しかし鳩山氏は、中国側が主張するこの宣言に、尖閣諸島が対象に入るとする解釈は、当然成り立つ話だと述べました。

~ 前歴 ~
2013年1月、中国を訪問した際、

「政府は、領土問題は存在していないというけれども。係争地であるということを、私は、お互いに認めるということが大事ではないか」

と、尖閣諸島を係争地だと認めるべきだと発言しました。

・今回の迷言に対するそれぞれの反応

菅官房長官の反応:

「その発言を聞いて、私は絶句しました。開いた口がふさがらないと思います。断じて許すことはできない。国民の皆さんの思いも同感だと思います」
自民党の石破幹事長の反応:

「極めて国益を損なう、元総理とも思えない、軽率なという言葉を使うのも不適切なくらいの発言だと思います。もう、いい加減にしてください」

民主党の海江田代表の反応:

「鳩山さんの発言というのは、わが党との主張とも違います。やっぱり、歴史的に見まして、固有の日本の領土であるということは、私は明白と思っています」

・尖閣問題にまつわる話

2013年1月、公明党の山口代表:

「将来の知恵に任せるのが1つの賢明な判断だ」

2013年6月3日、野中元官房長官:

「尖閣諸島をめぐる問題は、棚上げで合意したと聞かされた」

さて、みなさんは、どう尖閣諸島について思いますか。

広告

shimtake3 について

 中学の社会を教え始めました。  少し、今までやってきたことをまとめてみようか思っています。  練習問題をアップ、要点をまとめたものをアップしていきます。  たまに、私のエッセイもアップします。  私は、、、自然と本と映画をこよなく愛する一小市民です。 合言葉 : 地球のどこかであいましょう。 夢 : 南極でペンギンと一緒に隕石拾いをすること。 現実 : 中学校の先生です。しかも、『社会』です。 平成25年(2013)04月07日 更新
カテゴリー: つぶやき タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中