『歴史』 第007回 現代の日本と世界

政治、経済、国際関係を中心に敗戦した日本が諸改革を実行し、

国際社会に復帰し資本主義国になった過程を勉強しましょう。

 

(1)戦後の民主化政策、日本の歩み(日本国憲法の成立)

国際社会が平和維持を目的に国際連合を組織しました。

ところが、大国の利害、円滑に機能しない国際連合の問題点が

浮き彫りになっています。その結果、局地戦争、地域紛争も

絶え間なく続いていることに注目しましょう。

東西冷戦のなか西側諸国、とくにアメリカと緊密な関係を保ち、

日米安全保障条約を結んだこと、高度経済成長を果たしたこと

など輝かしい部分が出てきた日本は、公害問題などの影の部分も

あったことを勉強しておきましょう。

 

(2)東西冷戦の終結、その後の国際社会とその中での日本の役割、課題

   東西冷戦構造(資本主義陣営vs共産主義陣営)がなくなり、

グローバル化が進みました。国際的な動向、国境を越えた

地球社会の問題を解決する努力が今後必要になってきていることを

理解しましょう。

広告

shimtake3 について

 中学の社会を教え始めました。  少し、今までやってきたことをまとめてみようか思っています。  練習問題をアップ、要点をまとめたものをアップしていきます。  たまに、私のエッセイもアップします。  私は、、、自然と本と映画をこよなく愛する一小市民です。 合言葉 : 地球のどこかであいましょう。 夢 : 南極でペンギンと一緒に隕石拾いをすること。 現実 : 中学校の先生です。しかも、『社会』です。 平成25年(2013)04月07日 更新
カテゴリー: 中学 社会 学習 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中